FC2ブログ
  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

セルフヒールス通信

フラワーエッセンスの個人輸入代行、フラワーエッセンス日記、フラワーエッセンスを使って本当の自分らしく生きていこう♪


ラベンダー生きた香水

  1. 2019/09/15(日) 18:35:59_
  2. フラワーエッセンスとアロマテラピー
  3. _ tb:0
*この度は被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ暑い日々ですので、本当に大変ですが、少しでも早く、停電など解除されればと思います。


ラベンダーワイルド

ラベンダーワイルド 1800m
フランスアルプスマルティムを野性種及びオーガニック専門のエッセンシャルオイルを取り扱っているドイツのセバスチャンから送ってもらったのですが、さっき、無事に到着しましたか?とチェックしてくれていて、心配してメールしてくれていました。

蓋を開けて思ったのは、

香りが強く、逞しい、さすが手つかずのワイルドと思いました。
しかも、何ていうのかなぁ、香りの最後の方にミントではないのだけど、風が吹き抜けるような爽やかさがある。

これは、生きた香水です。

人工の香水では、再現できないであろう魔法

わずかな量をKOBASHIのソープベースやネロリハイドロラットにブレンドしましたが、香りのブレンドがより深くなり、香水のようになるのです。

セバスチャンのサイトによると手つかずの野性種のエッセンシャルオイルは、栽培のものより香りが複雑なのだそうです。

人から生かされたものではなく、自然が活かした。

自然界の中で、自分の力で生きるしかなかった事を考えると

必然的に香りが強くなるのは、頷けます。

ドロッパーがちょっと難点で、滴下がとっても早すぎるという事だけが、ホント注意しないといけないところなのですが、
(だから、ゆっくり慎重に傾けて、コツをつかまないと・・・・)

1滴だけでもいい~2滴か3滴までぐらいで充分な感じです。多くを必要としない。

KOBASHIのラベンダーは、ラベンダーがブルガリアとラベンダーファインがフランスドローム県のものですが、
こちらはオーガニックで栽培されたものです。

この2本は、きっと、栽培も蒸留も心を込めて丁寧に行われたものだという事が分かるラベンダーのエッセンシャルオイルです。

優しく甘く、フローラルでフルーティーです。

KOBASHIのラベンダーもラベンダーファインも、市場によくあるようなグリーンフローラルな香りのラベンダーとは一線を画すものです。

なかなか他にない・・・。

しかし、今回のラベンダーワイルドを使ってみて思うのは、
これは、本当に手つかずの自然が培ったものなのだなぁと分かるものでした。

ラベンダー1つとっても、この様に違いがある。

セバスチャンが精油には精霊が宿っており、売買も愛に満ちたものでないといけないと記していました。

フランスのサイトを見て回っていた時に、ある蒸留者の方が書いていたのは、

野性種から精油をとる時でも、ミツバチなどの活動を決して妨げないようにミツバチ達の仕事が終わる頃、期間を限定して、
自然を壊さないよう採取するとあって

これって、一番日本人ができそうで、できない感覚と思いました。

グラースの傍らにあるアルプスマルティム地方

昔から、ラベンダーは香りの物語の中で生きてきた。

時をかける少女の話、芳山和子はラベンダーの香りを嗅いで意識を失った。

ケルトの伝統、そしてタイムリープの秘密、

今さらながら、ラベンダーほど神秘的な芳香植物は無いと思う。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。



★ドイツからのオーラソーマの個人輸入代行

こちらをクリックして下さい→ライトオブカラーのサイトをアップしています。


★アロマについてのあれこれを熱く語る姉妹ブログ→オレンジリーフアロマ便りブログ更新中香りの世界は奥深い

★KOBASHIのアロマエッセンシャルオイルご購入なら→オレンジリーフアロマショップ

セルフヒールス

セルフヒールスでは、世界のフラワーエッセンスである
ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、地中海エッセンス、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fes、パシフィックエッセンス、コルテPHI、スピリットインネイチャーエッセンス、クリスタルハーブ、リビングエッセンスオブオーストラリア、デザートアルケミー、アラレタマ、リヒトウェーゼン、サウスアフリカン(南アフリカ)エッセンスなどを

英国正規代理店であり、
地中海エッセンスのプロデューサーでもあるHealthlines及びドイツ正規代理店であるDER ESSENZENLADEN
より個人輸入代行を致しております。


英国及びドイツより、低価格でご依頼主様へ、直接フラワーエッセンスをお届けします。
よろしかったら、ぜひ、サイトをご覧になってみて下さい。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックプリーズ♪



スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

消えた香りの行方

  1. 2019/09/04(水) 18:41:00_
  2. フラワーエッセンスとアロマテラピー
  3. _ tb:0


英国KOBASHIのサイトが素敵にリニューアルしていました。

秋からがアロマテラピーに最適な季節です。

フラワーエッセンスのバッチ博士の魂にはケルトの伝統が活きていたと思うけど、

フランスグラース香りの世界もケルトの伝統が活きていたんだなぁ~とつくづく思った。

そうグラースの香りの伝統は、17世紀、18世紀の履歴を残さなかったという事

あぁー、ここもか・・・・と思った。

ケルトは文字を残さない・・・・。

18世紀のフランスの香水の会社の瓶とかラベルとか

本当に素敵なものが多く驚くのだけど、

真実は分からないものもあるのだなぁ~と・・・・。

香りの都、グラースは二度の世界大戦によって、色んな事を手放した。

香りの世界は職人から、産業の革命によって化学と合成に移行し、
激しい競争にもさらされた。

そして同時に手放す事によって香り植物は世界に拡がった。

例えば、オーセンティックなラベンダーというと、フランスのマルティム県、プロヴァンス県
ドローム県とか、スペインとかの一部にある自生しているラベンダーの事だと思うけど、

今やラベンダーはブルガリアや英国、オーストラリアetcetc色んな地域でも栽培されている。

だから現在は、世界中のたくさんの人々がラベンダーの精油を手にすることができるようになった。

人間の争いの歴史が、心地よい香りの世界をも培ってきたという、皮肉な話だけど、

人生は謎ときって話は、ケルトの伝統にも繋がる。

現在のシステマティックな世界は経済が循環するように創造された壮大な虚構のような世の中だと思うけど、

ただ人間はその箱の中で日々の生活を営んでいるからこそある種の本質からはどんどん遠ざかっていくのだろう・・・。

再びやってきた五感星座の牡牛座に天王星の時期
(過去、牡牛座天王星といえばニューディール政策ののち、第二次世界大戦がはじまった時期と重なる)

自然界は実際には全てを100%さらしていて与えており、それをキャッチしないのは人間側の方で、
消えた伝統の香りは再び何を人々に思い出させるのだろうか?

PS ・・・・という事で、フランスマルティム県の1800メートルの野生ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)をどうしても嗅いでみたく、購入しました。無事届けばと思います。ひょっとしたら、ご希望の方には、ご紹介できるかもしれませんが、まだ未定です。

■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。



★ドイツからのオーラソーマの個人輸入代行

こちらをクリックして下さい→ライトオブカラーのサイトをアップしています。


★アロマについてのあれこれを熱く語る姉妹ブログ→オレンジリーフアロマ便りブログ更新中香りの世界は奥深い

★KOBASHIのアロマエッセンシャルオイルご購入なら→オレンジリーフアロマショップ

セルフヒールス

セルフヒールスでは、世界のフラワーエッセンスである
ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、地中海エッセンス、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fes、パシフィックエッセンス、コルテPHI、スピリットインネイチャーエッセンス、クリスタルハーブ、リビングエッセンスオブオーストラリア、デザートアルケミー、アラレタマ、リヒトウェーゼン、サウスアフリカン(南アフリカ)エッセンスなどを

英国正規代理店であり、
地中海エッセンスのプロデューサーでもあるHealthlines及びドイツ正規代理店であるDER ESSENZENLADEN
より個人輸入代行を致しております。


英国及びドイツより、低価格でご依頼主様へ、直接フラワーエッセンスをお届けします。
よろしかったら、ぜひ、サイトをご覧になってみて下さい。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックプリーズ♪



テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

梅雨時もペパーミントが大活躍

  1. 2019/07/04(木) 15:35:20_
  2. フラワーエッセンスとアロマテラピー
  3. _ tb:0
下記のブログ記事は去年に書いたものですが、梅雨時もペパーミントが大活躍~。

今年は、KOBASHIのヤロウのフローラルウォーターが少し余っていたので、

それにペパーミントを3滴ほど入れて、

ボトルを振って、足(足の甲)やふくらはぎ、脇の下などにスプレーして寝ましたが、随分と軽くなり嬉しかったです。
(精油とフローラルウォーターでは分離してしまうので、よく振って使う)

疲れた足には、ペパーミントって本当に心地よいです。

ペパーミントは、給水とドレナージュ(排水)どちらの働きもあるから、

リンパ液や組織液に働きかけれる訳で、だから足のむくみとか、足が疲れた時に利用すると、ラクになる感じがする訳

KOBASHIのペパーミントは以前はインド原産国だったのですが、只今原産国フランスミッチャムタイプになっています。
これは朗報かも。

ちなみに、ペパーミントの精油が強すぎると思われる方、ペパーミントのフローラルウォーターもありますから
ぜひ使ってみてほしいです。KOBASHIでは長らく欠品していましたが、ようやくチャージされました。


・・・・で去年のペパーミントの記事、再掲載

夏はペパーミントが大活躍です~。

熱中症になるほどの暑い夏、ペパーミントを使うか使わないかでも気分がまったく違う~

・・・・という事で、夏のシャンプーベースには必ずペパーミント数滴をブレンドとして入れてます。

身体を洗う時も、髪を洗う時も、サッパリしてペパーミントを入れるか入れないかでもまったく違う~

ペパーミントを『夏』に使わないなんて人生で損をしているのと同じって思う。

アロマ環境協会のページにも夏を快適に過ごすためのペパーミントのエッセンシャルオイルの使い方もアップされている

ペパーミントは体感温度を4度も下げるらしい・・・・ペパーミントの使い方Byアロマ環境協会

涼しい感じがするのは確か

・・・・でKOBASHIのペパーミントを使っています。

*ペパーミントはホメオパシーレメディーを使っている人や、刺激がある精油なので、用量などには注意して下さいね。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。



★ドイツからのオーラソーマの個人輸入代行

こちらをクリックして下さい→ライトオブカラーのサイトをアップしています。


★アロマについてのあれこれを熱く語る姉妹ブログ→オレンジリーフアロマ便りブログ更新中香りの世界は奥深い

★KOBASHIのアロマエッセンシャルオイルご購入なら→オレンジリーフアロマショップ

セルフヒールス

セルフヒールスでは、世界のフラワーエッセンスである
ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、地中海エッセンス、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fes、パシフィックエッセンス、コルテPHI、スピリットインネイチャーエッセンス、クリスタルハーブ、リビングエッセンスオブオーストラリア、デザートアルケミー、アラレタマ、リヒトウェーゼン、サウスアフリカン(南アフリカ)エッセンスなどを

英国正規代理店であり、
地中海エッセンスのプロデューサーでもあるHealthlines及びドイツ正規代理店であるDER ESSENZENLADEN
より個人輸入代行を致しております。


英国及びドイツより、低価格でご依頼主様へ、直接フラワーエッセンスをお届けします。
よろしかったら、ぜひ、サイトをご覧になってみて下さい。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックプリーズ♪




テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

ゼラニウムの香りと共に

  1. 2019/04/23(火) 13:09:09_
  2. フラワーエッセンスとアロマテラピー
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日、牛舎で、
ゼラニウムのエッセンシャルオイルの瓶の蓋を開けてビックリしました。

香りが深く豊かになっていたからです。香りにまろやかさが出て、快い状態になっていました。

この瓶の底には、少しだけのゼラニウムの精油が入っていました。
量にすると、0.5mlぐらいかなぁ
もう5年以上7年ぐらい経ったものではないのかなぁと思うのです。

だからドロッと粘性のあるものになっていました。

前回も書いたけど、精油の世界は、
酸化が必ずしも悪ではなく、本当に良い精油である場合、経年によって熟成されるのですね・・・。

私は、以前から(KOBASHIの精油を知る前だけど・・・)
ゼラニウムの香りは必ずしも、好きな香りでは無かった訳ですが、
こういう経験をすると、なるほど、香りの世界は奥深いなぁ~と思います。

ほんのわずかな量をブレンドに使いましたが、
春の風に乗った香りが、あまりにも心地よい香りで、気持ちまでも軽やかになりました。

この瓶の中に入っていたのは、KOBASHIのゼラニウムブルボン(バーボン)です。
現在はブルボンのゼラニウムは取り扱いがありませんが、今から数年前までは、取り扱っていました。

ゼラニウムは持っておくと、虫除けなどにも利用できるものなので、活躍する場面も多いと思います。

時間をかける、時間がかかって完成される、完成していくっていうのは、
自然界のものに共通項の現象ではあると思います。

例えば、ワインでも、
ピーク(何年ものとかのワインとかの事だと思いますが)がいつ頃なのかというのは、
プロの人でもよく分からないらしい・・・・という事を書いてありましたが、

精油=香りの世界もそういう部分はあるのではないかなぁと思います。

限られた世界(時間軸)の中で、

本当にそのものを知る、体感するという事は

実際には稀有な体験で経験なのかもしれません。

7年ぐらい経ったゼラニウムがこんなに香りが良いものになるのだという事に気付けただけで、お蔭様でした。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。



★ドイツからのオーラソーマの個人輸入代行

こちらをクリックして下さい→ライトオブカラーのサイトをアップしています。


★アロマについてのあれこれを熱く語る姉妹ブログ→オレンジリーフアロマ便りブログ更新中香りの世界は奥深い

★KOBASHIのアロマエッセンシャルオイルご購入なら→オレンジリーフアロマショップ

セルフヒールス

セルフヒールスでは、世界のフラワーエッセンスである
ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、地中海エッセンス、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fes、パシフィックエッセンス、コルテPHI、スピリットインネイチャーエッセンス、クリスタルハーブ、リビングエッセンスオブオーストラリア、デザートアルケミー、アラレタマ、リヒトウェーゼン、サウスアフリカン(南アフリカ)エッセンスなどを

英国正規代理店であり、
地中海エッセンスのプロデューサーでもあるHealthlines及びドイツ正規代理店であるDER ESSENZENLADEN
より個人輸入代行を致しております。


英国及びドイツより、低価格でご依頼主様へ、直接フラワーエッセンスをお届けします。
よろしかったら、ぜひ、サイトをご覧になってみて下さい。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックプリーズ♪




テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

アロマセラピーの世界

  1. 2019/02/03(日) 17:50:41_
  2. フラワーエッセンスとアロマテラピー
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
地味にやっているオレンジリーフアロマショップですが、
今年はなんとなくアロマテラピーが熱いかもしれない?と思ってしまいます。

気のせいかもしれませんが・・・・(苦笑)

新年からはじめるアロマテラピーも良いですよね~。

アロマテラピーも一時期のブームは過ぎ去っているのかもしれませんが、
やっぱり香りの世界は奥深いと思います。

アロマの世界から、一度離れた人も、二度離れた人も、リターンしてきても、さらに奥深さが増す世界ですし、
手作り化粧品やルームスプレーやお香すらも手作りで作れるというアロマクラフトなどもできるので、
何か始めてみよう!と思われる初心者の方にも最適です。

地球という過酷な環境の中で、
その植物が生きてきた世界観が香りの世界に反映されるのが面白いんじゃないのかなぁ~と思います。

だってその年のロットのエッセンシャルオイルやエッセンスは、その瞬間にしかできない香りの世界ですから、
二度と同じものは無い訳です。

人工の香りの世界だと調整が入りますが、
天然だと、その年の気候だとか、太陽の光の波長とか、日照量とか、風とか、雨とか、温度とか
栽培だと、人の手が入るので、どういうところで、どんな風に育てられたのか?とか

それを育てている人や蒸留者がどんな気持ちで植物に接してきたのか?とか

収穫も手摘みなのか、機械で刈り取られたのか?とか、

蒸留も銅製の蒸留窯なのか、それともステンレス?とか、小さいところだとガラス製もありかも?とか
(ちなみに銅を通る事で、ものすごく美しいブルーになったりするものもあるよう・・・こういう変化も面白いと思う)

もう無数の要素がそのエッセンシャルオイルの世界に反映されるというかと思うと

単なる香りの小瓶とかって事では決して測れない世界がそこに広がっているんだなぁと思います。

アロマのエッセンシャルオイルを嗅いだり、
トリートメントで使う事で、それがバイブレーションとしてその人に伝達される。

こういう事を鑑みると、やっぱりプロの方ほど、どこのでもいい訳ではない!となるのも当然かと思います。

アロマテラピーの世界では単なる香りの合成品では期待するような結果は得られる事は無いのですから・・・。

そういう意味では市販のデオドラント製品とかフレグランスや香水の世界とは違うアロマテラピー独自の世界観だと思います。

アロマテラピーは
そんなに難しくはありません。

ちなみにもし何からどうしたらいいのか、一切、分からない方には、

アロマテラピーの教科書という本を手にとって下さい。




危険性や注意点も分かりますし、
お値段も高くないですから、最初の1歩は、こういった書籍を参考にしても良いかもしれません。

知っているようで、知らないアロマの世界、改めて覗いてみませんか?

■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。



★ドイツからのオーラソーマの個人輸入代行

こちらをクリックして下さい→ライトオブカラーのサイトをアップしています。


★アロマについてのあれこれを熱く語る姉妹ブログ→オレンジリーフアロマ便りブログ更新中香りの世界は奥深い

★KOBASHIのアロマエッセンシャルオイルご購入なら→オレンジリーフアロマショップ

セルフヒールス

セルフヒールスでは、世界のフラワーエッセンスである
ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、地中海エッセンス、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fes、パシフィックエッセンス、コルテPHI、スピリットインネイチャーエッセンス、クリスタルハーブ、リビングエッセンスオブオーストラリア、デザートアルケミー、アラレタマ、リヒトウェーゼン、サウスアフリカン(南アフリカ)エッセンスなどを

英国正規代理店であり、
地中海エッセンスのプロデューサーでもあるHealthlines及びドイツ正規代理店であるDER ESSENZENLADEN
より個人輸入代行を致しております。


英国及びドイツより、低価格でご依頼主様へ、直接フラワーエッセンスをお届けします。
よろしかったら、ぜひ、サイトをご覧になってみて下さい。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックプリーズ♪




テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



ご注意

こちらのブログでは、フラワーエッセンス、ホメオパシー、 アロマテラピーなどの日々の体験談を記録しておりますが 個人でご使用された際の、当方での一切の責任は負いかねますので 病気や健康不安等ある方は、医療機関及び専門家への受診をお願いいたします。

プロフィール

ここはフラワーエッセンス好きな人が集まる、フラワーエッセンス酒場ですニャー。

selfheals

Author:selfheals

英国正規代理店Healthlinesより、ヒーリングハーブス、オーストラリアブッシュ、アラスカンエッセンス、インディゴエッセンス、地中海エッセンス、ワイルドアースアニマルエッセンス、fesのYESなど世界のフラワーエッセンスの個人輸入代行をやっています。

フラワーエッセンス個人輸入代行

世界のフラワーエッセンスのご購入はコチラからどうぞ♪

最新トラックバック

検索フォーム

カテゴリ

カウンター

素材をお借りしたサイト

アーカイブ

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

こちらからもメールを入れられます。フラワーエッセンスの事や商品についてのお問い合わせなどもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR